Points of You®のコーチングを受けてきたよ!

みなさまこんにちは。ふじこです。

唐突ですが、「コーチング」ってご存じですか?SNS起業で人気でしたよねw

 

私は「コーチング」という名前は知ってたものの、具体的に何をするのかといえば「ハテ?」というのが正直なところでした。

 

そんな私がなぜコーチングを受けることになったかというと、ウメノリカさんがモニターの募集をしていたからです。

www.timetables.biz

 

 

リカさんとは以前から交流があるのですが、法人経営を行うビジネスウーマンでありながら、キラキラ系でもゴリゴリ系でもない、非常にニュートラルな方。

久々にお話したいなーという、わりと不純な動機で申し込んだのでした。

 

Points of You®って何なんだ?

f:id:fujicoo:20180927132851j:plain

公式インスタからお借りしました。

 

 

で、そのコーチングがPoints of You®って名前だったんですが、これが私にとってはまたもや??でした。「リカさんとお話したくてー♪」じゃあまりにも失礼なんで、何をするのか把握するために公式サイトを眺めてみたのですが、

結局何するのかよくわかんなかったです。ごめんなさい。

 

カードを使って心理状態を探るぽいけど、それってカードリーディングとかではないのかい?そっち方向もあんまし詳しくないからようわからんのだけど。みたいな。

 

セッションはzoomだったので、ひとまずPC前にてスタンバイ。

時間ちょうどに招待されてスタートです。

 

Points of You®で扱うテーマは、どのようなものが向いている?

申し込み時に「事前に今日扱うテーマを考えてくださいね」と言われていたのですが、実はそれも決めかねていたのです。

だって使うのカードでしょ!?どこまで具体的な悩み?をテーマにすればよいものか。よくわからなかったので、リカさんにどのようなテーマのご相談が多いのか聞いてみました。

 

このツールは、悩みごとというか、迷いごと、どちらを選ぶべきか、なんてときに使うことが多いようです。「テーマは具体的な方がよいのか、ある程度抽象的なほうがよいのか?」という質問には、「テーマが具体的な方が答えも具体的になりやすいですね」と。

そういうものなんですね。

 

なので、わりと具体的な仕事の迷いをテーマにいたしました。具体的すぎてアレなんで、どんな内容かはふせておきますw

 

過去、現在、未来をカードで表します

で、オンラインなのでリカさんに3枚のカードをひいてもらうのですが(どのカードをひいてもらうのかは指示できます)、出てきたのが以下のカードたちです。

 

f:id:fujicoo:20180927134910j:plain

 

このカードからイメージを膨らませて話をするのですが、最初は「こんな話で大丈夫なのだろうか…。話せっていわれてもなあ…。」みたいになって、非常にしどろもどろしたものでした。ああこれ私に向いてないツールかも、みたいな。

 

でも、2枚目あたりからどんどん調子が出てきて笑、リカさんも上手に引き出してくれるので、いい気になってぺらぺら話しだしました。イケるやん私!

 

一番の気づきだったカードの話

特に「うわあ」と思ったのが、3枚目の写真を見たときなんですけど、泥らしきもののなかにサンダル履きの足がつっこんであるんですよね。

 

見た瞬間「気持ち悪っ」て思いました。

f:id:fujicoo:20180927140704j:plain

このカード、ヌルっとした感触が伝わってキモイ…。

 

しかも言葉が“difficulty 困難さ”って、

全力でご遠慮願いたいカードですよ。

 

私にとってこの言葉から受けるイメージといえば、

面倒

避けたい

間違ってる

 

もう、この言葉が出てきたら反射的に回れ右です。

 

 

アレ?

 

 

いやいやいやいや

 

困難くらいフツーに人生あるよな?

 

面倒やけど、どこいってもあるよな?

避けたいけど、避けてもまたでてくるよな?

間違ってる…とは限らんよな?w

 

自分の人生にとって無意味な時間ですっていうなら避けたほうがいいけど、そうじゃないってわかってるから、困ってるんよな?

 

じゃあ、今は泥の中を一歩ずつそーっと進むしかないよな?

 

 そんだけのことかーい。

 

セッションが終わったらお題もありますよ

で、最後に過去、現在、未来のカードを通してどうですかっていう話に。私の場合は、自分がとても怖がっていること、コンプレックスを強く感じていること、やるしかないってわかってること、などがわかったので、そのへんをお話ししました。

 

すると、「ではその結論をもとに、1日でできること、1週間でできること、1ヶ月でできることを24時間以内に決めてくださいね」というお題が。

 

うーむ。

 

困難だからって反射的に避けてる場合じゃないってのはわかったけど、「よーしがんばるぞ!」ってほどボルテージがあがってるワケではないんだよなあ。

 

だから一応決めてはみたけど、決めたことを見返してもワクワクはしないwやらなかったらまたウジウジする状態に戻るから、やるしかねえな、みたいな感じ。

 

まあ、ワクワクするべきとかは一言もおっしゃってなかったので、それは気にしなくともよいのでしょう。

 

 

そんなこんなで、異色のコーチング、Points of You®のお話でした。

ビジュアルから受けるメッセージって面白かったです!