そのこじれた性格は子供のころの「勘違い」が原因かもしれませんぜって話

親になって良かったこと。

 

このひとつに

「子供のころの勘違いに気づけた」

ということがあります。

 

今思えば子供っていうのは親の言うことを

まんま

聞きますので、

 

いいことも悪いこともコトバ通り信じちゃうんですねー。

 

で、悪いことの例として。

 

母親が仕事してたので私は1歳から

保育園に預けられることになったのですが、

 

「あんたが園で一日中泣いてたから

お母さんは保育園を3日でやめさせたのよ」

 

って言われてたんですよ。

 

 

保育園も通えないほどの泣き虫なんて

わたし、カッコ悪っ…。

 

 

とショックを受けましてですね。

 

ぜったい泣かない

 

と決めたわけです。

 

 

で、強気な性格になったかといえばそうでもなく

単純に

喜怒哀楽の乏しい子供になった気がします。

(そっちか)

 

 

で、感情を出してはイカンと心のどっかで思ったまま

人生を過ごしてきたんですよ。

 

ところが。

 

自分の子供も保育園に預けることになって

わかったのですが

 

1歳児なんてみんなギャン泣きよ?

 

 

( ゚Д゚)

 

 

うわああああ

ママー!ママー!!

イヤー!!!

 

コレ、1歳児クラスのデフォルトよ?

(特に4月の月曜日)

 

 

んで、大人になって改めて母に保育園やめた経緯を聞きました。

 

そしたら、

その保育園の対応が悪かったことに母が怒ってやめたらしいです。

 

え・・・

 

私が稀代の泣き虫甘えん坊だからじゃないんかい。

 

泣いてもよかったんかい。

 

 

はははははは。

 

 

いやー、

親にならなかったら

勘違いしたまま死ぬところでしたわー・・・。