子どものいない人生はかわいそうとか、自分で稼げない人はかわいそうとか。

目にしなきゃいいものを立て続けに見てしまって

ちょっぴりへこみぎみでございます。

 

子どもがいないなんて

(幸せを知らなくて)

かわいそう

 

自分で稼げないなんて

(幸せを知らなくて)

かわいそう

 

なんでオンナはいがみあうのでしょうか…。

 

たぶん強がってるというより

心の底からこの思想なのでしょうね。

 

だから子どもを持つ気がないOR稼ぐ気のないオンナが理解不能なのでしょう。

 

いや、「子どもを持つことがすばらしい」「稼ぐことがすばらしい」というよりも、

 

どちらかというと逆で、

 

「子どもを持つ必要性がわからない」

「自分が稼ぐ必要性がわからない」

 

のだと思います。

でも「それが大事」という意見も世間には根強いから、完全に無視もできない。

 

そこに

「子どもいないなんて非国民!女として終わってる!」と言われたり

「稼がないなんて社会のお荷物!お前も税金払え!」みたいに言われたら

 

なになに

ワタシの存在間違ってるって言いたいわけですか!?

 

 

と腹もたちますわなー…と。

 

私は子ども産むまでどちらかというとアンチ専業主婦だったので

「なに母親ってだけでデカイ顔しとんねん。動物でも子育てくらいするやろが。」

という発想も、まあわかるのです。

 

でも実際子どもを産んで育ててみると

いわゆる「仕事」とは全然質の違う過酷さがあり。

 

「子ども生んでないくせにわかったような口聞くな!」

という気持ちも、とてもよくわかるのです。

 

だけど、それをその相手にぶつけるのは、どうなんでしょうねー…。

 

子育てをしてない人に

「子どもがいるって幸せよ!子育てしないなんて人生損してる!」

仕事をしていない人に

「自分で稼げるって幸せ!養ってもらってるなんてあなた非力よ!」

みたいなメッセージをぶつけるのって…。

 

ピーマン嫌いな人に

 

「ピーマンおいしいのに食べられないなんてかわいそう!」

 

「ピーマン食べないから肌荒れするんじゃない?」

 

「ピーマン嫌いなんてコドモじゃないんだから」

 

っていうのと同じなんじゃないでしょうか。

(たまにこういう人いますけど笑)

 

そこまで言うなら

ピーマンみじん切りにしてハンバーグに混ぜてやれよ

って思うのですが、相手にそこまでする気はなくて「かわいそう~」で終わり。

 

だったら言わなくてよくね?

 

それで

「だよね!私損してるよね!これからはピーマン食べる!」

とか

100%ないじゃん。

 

ただ目の前に現れた、自分の大切なものの価値がわからない人が気に入らなくてマウンティングしてるだけじゃん。

 

まあ、自分の価値観が通じなくて「イラっ」とする気持ちは、人間だもの。あるでしょう。

 

だったらママ友の集まりなり仕事仲間の集まりなり、同じ価値観の集いで毒吐いとけばいいんだよ!!

 

どんな環境の人がみるかわからないネットに書き込むなって話だよ!

 

おしまい。

 

 

あっ、でも「ネット上になに書こうが自由なんだから気にいらんなら見るな」っていう意見もあるんですよね。

まあ「ヒトを不快にさせても私はこれを主張したいのである!」というのなら、自由っちゃー自由、ですかね…。(歯切れ悪いな)