子育てについてネットの意見なんて、聞くんじゃないっ!

おはようございます。

 

悩みのタネだった長男4歳が最近落ち着き、

すごーーーく楽になった気がするふじこです。

 

f:id:fujicoo:20170525100228j:plain

 

相変わらずマイワールドは炸裂中なんですけどね。

おもちゃに名前つけて一緒にごはん食べたり。

 

(時計回りにくわがたのくわくん、かたつむりのみずきくん、

くまのぷーぷーくん。みずきくんって…。)

 

で、闇を少し抜けて正常なアタマで思うこと。

 

 

子育てについて、

ネットの意見なんて聞かんで

よかったなー。

 

 

 

こちとらはじめての育児で、すっごく不安だったんですよ。

 

癇癪はひどい

オムツはとれない

ともだちに興味があるようなのに

一人であそんでいる…

 

 

で、ネットで検索するじゃないですか。

【子ども 癇癪】とかで。

 

 

そしたらまあ、

「お母さんがガミガミと怒ってはだめです。

子どもにわかるように伝えましょう。」

とか説教されるわけですよ。ネットに。

 

それが出来たら苦労せんわ!

 

解決策を求めて本屋の育児本コーナーにも行きました。

でも、どの本読んでも「おお!」みたいなのなかったんですよね。

 

で、本当母親失格だからだれか代わりに育ててくれって思ってて

虐待のニュースを見るたびに明日は我が身かもしれんと思い

本当にしんどいときは旦那にも早く帰ってもらい

 

なんだかんだなんだかんだしてたら

 

嵐が止んでいました。

 

 

長男は年中さんになってから

「あしたはたのしいことがあるって先生が言ってたー」

と楽しそうに幼稚園に行くので

担任の先生も上手なんだろうな、と思っています。

(年少の先生も一生懸命やってくれましたよ。

たぶんうちの子のせいで主任の先生に何回か怒られてると思う。)

 

で、当時いっぱいいっぱいだった私に言えることって

 

何もないんですよ正直。

 

 

もう時が解決するとしか。

しかもそれも確かじゃないですしね。

 

ネットの記事は

子育てで悩みそうなことを取り上げて

それっぽい解決策やまとめをしてますが

 

その記事の存在理由ってなんだと思います?

 

 

クリックして記事にアクセスしてもらうこと自体が

存在理由じゃないですか?

 

 

アクセスしてもらって、広告収入を得るためじゃないですか?

もしくは、筆者の提供する商品を購入してもらうためじゃないですか?

 

そうじゃなくて、その人が心の底から伝えたい解決策のこともあるのかもしれませんが、キュレーションサイトなんかだったらもう完全広告収入狙いでしょう。

 

それが悪とか、そんなことはないのだけど、

要するに世の中のネット記事は

 

伝えたいことがあるから書くのではなく

読まれるネタがあるから書く

 

というパターンが非常に多いのですよね。

 

「読まれるネタがあるから書く」パターンの記事は魂がこもってないとかいう気もありませんが、書いてる本人も「この着地点微妙だな」と思いながら記事をアップすることって、多々あると思うのですよ。仕事だから書きあげなあかんしね。

 

だから、あなたが(わたしが)ショックを受けた記事は、そんないきさつで生まれたものなのかもしれないのですよ。

 

 

だったら、そこまで真に受けることもなかったなー、と。

 

今だから思うこと。