わたしがママ起業家コミュニティに入れない理由

幼児2人を抱えた母親フリーランサー、ふじこです。

 

自己紹介するとそんな感じなのですが

 

わたしはどうしても、

「ママ起業コミュニティ」

足を踏み入れることができません!

 

別にアンチママ起業とかそーゆーんじゃないです。

 

と言いますのも、

私がこの働き方をしてるのって

ぶっちゃけた話、

 

子ども関係ないんですよね。

 

 

いや、関係ある、あるけど、

なんか

「ママ起業コミュニティ」のそれとは

ちょっとちがうというか…。

 

わかりにくいですね。

 

実際足を踏み入れたことがないのでわからないんですけどね、

「ママ起業」ってくくりになると

「ママだけど起業する」っていう

なんか

欲張り女子感★がただようっていうんでしょうか…。

 

※それがアカンわけじゃないです。

 

わたしがこの働き方におちついた理由は

ママ起業家さんによくある

「小さい子どもと一緒の時間を確保したかった」

ではないし、

「ママで会社員をしているといろいろきゅうくつ。

私はもっとできるはず!」みたいな有能系の発想でもなく。

 

ただただ、

「このまま何十年もこの仕事すんのか。

世間狭くなりそうやな。」

 

って思っただけ、

です。

 

で、子どもが産まれたときに

 

「この子がたとえば人より何かが苦手とかが原因で、

将来マジョリティから離れる結果になったときに、

わたしは受け止めることができるのか?

 

人並みになれないと生きていけないと

心配のあまり

この子の個性を認められないんじゃないか?」

 

「それは私がマジョリティの生活しか知らないからだ。」

 

と感じたんです。

 

それが10年近く続けた仕事を辞めた決定打だったかもしれないです。

 

そう思うに至った理由も、わたしが人並みを目指して

あっぷあっぷした人生だったからでしょうね。

そもそも人並みにこなせる人は

「人並みかどうか」なんて意識しないでしょうから。

 

で、マジョリティから離れる自分を

個性と認められるかどうかってのも

結局は自分の話なんですけどね。

子どもは関係あるようなないような。

 

だから、マジョリティから離れている人と出会って

「それでも生きていける」という確信が持てれば、

 

この

“人並みにならなければ死んでしまう病”

からも

解放されるのではなかろうかと。

 

で、冒頭のママ起業コミュニティ。

 

私からみたら「人並み(ママ)+α」な団体に見えるんですよね…。

だから怖いです(笑)

 

お前もママだろーが!って話ですが、

ほんと育児は特に毎日右往左往なんで…。

 

確固たる教育観を持ってる人と出会うと、

回れ右で逃げ出したくなります(泣)