読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようやくわかった。私がブログを書かずにいられない理由。

ブログを書いてるみなさんは、「ブログを書く理由」って最初に設定してるんでしょうか?

まあ、ある程度は設定しますよね。

 

おおざっぱにいうと、

「人に気持ちを聞いてほしい」とか

「共通の感心ごとを持つ仲間がほしい」とか

「自分の商売を広めたい」とか

そんな感じだと思います。

 

あとは

「日々の記録を残したい」とかでしょうか。

 

そして私の場合ですが、ブログを書いているうちに

「(どのような)人に(どんな)気持ちを聞いてほしいのか」

「共通の感心ごとをもつ(どのような)仲間がほしいのか」

といったことを考えるステージへと移ってきました。

だんだんと、発信したいテーマが絞り込まれる感じですね。

 

そして、

書き続けるうちにわかったテーマというのは、

「情けなくても、よわっちくても、あなたは案外大丈夫」

ということです。

 

だから私は、情けない部分や弱い部分ばかりをブログに書くんです。

 

そこまではうっすらとわかっていたことなのですが。

 

 

話は変わりますが、

 

昔とある方から

「言い方は悪いけど、ふじこさんの発信を見ていると『あの人よりはマシ』と思ってがんばれる」

とメッセージをもらったことがあります。

 

ショックでねーーー(笑)

 

 

「情けなくても、よわっちくても、あなたは案外大丈夫。

私よりマシだから」

 

というメッセージを世間様に送ってたのか、と。

 

違うんですよ!さすがにそれは!!

えーでもやっぱそうなんかな…?

とか、結構悩みまして。

 

で、私が「ブログに書こう!」と思ったエピソードとかをもう一回見直すと

「ああ、そうか」とわかりました。

 

私がブログに書こうと思うエピソードって

 

「情けなくても、よわっちくても、あなたは案外大丈夫。

だって私これこれこういうことがあって、

大丈夫だったから!」

 

って実感できたときなんですよ。

 

情けなくて弱くて

自分は自分にうんざりだったけど、

 

世間は案外優しかったとか、

時間がたてば解決したとか、

 

そういう

なーんだ。大丈夫じゃん。

って思えたとき。

 

もし、世界のどこかで、

自分のダメっぷりにうちひしがれて、

半歩前に進む勇気さえなくなっている人がいたら。

 

自分は無力だからすべて終わらせたいと願う人がいたら。

 

わたしの味わった

「なーんだ。情けなくても弱くても大丈夫じゃん。」

という事実を、知ってほしくて書いているのです。

 

「そういうこともあるかもねー」くらいに、心のどこかにとどめていただけたら。

 

 

ひょっとしたら、情けなくて弱いと思ってるのは、自分だけかもしれないですしね。