描きたかったのは図解じゃなくて世界

毎度毎度、気分が暗くなると書きたくなるこのブログですが、暗いなかにも拾えるものがあれば幸いです。

で。

最近すごーく自分にがっかりしてまして。
というのも、「したいことがない」ってのはよくあるはなしだと思うんですが、それを超えてですね、

「(他人に)してほしいことしかない」

ってことに気づきましてね…。


(´д`|||)


もうちょっと愛想よく振る舞えよとかもうちょっと静かにしろよとかもうちょっとチャリの停め方気ぃ使えよとか

あかんコレ不幸になるやつやわ!!

で、なんとかこの思考を止めたかったのですが、そんなときにネットで情報を拾おうとすると、

してほしいことをまず自分からしましょうとか反対にイラッとくることは自分が我慢していることだから自分もしてしまいましょうとか

私の場合そういう話ではない…気がする。

そもそも他人への不満を無くすことが、人生のゴールとはちがうし。

ではなくて!

他人への不満ではなく自分への希望にフォーカスする脳味噌に変えたいんですよ!!

…と、まあもんどりうっとった訳ですが、
あっさり脳味噌が変わる質問がわかりましたよ。

「で、他人が思い通りならアンタなにをしたいわけ?」


そうですよ。実際に他人が思い通りか否かなんてどうでもよかったんですよ、私の場合は。
ムカつく(マイナス現象)を何もない(ゼロ)に戻すのに命を燃やしてる自分が、馬鹿馬鹿しかっただけなので。

ムカつくこと(マイナス)はあったとしても、心が喜ぶこと(プラス)があるならそれでいいのに、と思ってただけなので。


で、あらためて落ち着いて紙に書きました。


その結果が、タイトルのとおりです。


まだモヤが完璧に晴れたわけではありませんが、今年中に少しでも言語化できてよかったです。