読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルあってこその、ブログなんだよねえ。

ブログやfacebookでぼちぼち発信して、なんとなく読んでくれてる人たちと盛り上がって、という活動?をしばらく続けていたのですが、どことなくむなしさを感じていました。

 

ヴァーチャルの充実感って、リアルの10分の1くらいだなというか。

 

起業女子の人たちがうらやましかったのは、彼女たちには「商品」があるじゃないですか。

「商品」を通して、お客さんとつながることができる。それに、その「商品」は何らかの悩みを解決できるものですから、それをテーマにしたお茶会とかもできる。そうして、お客さんたちと実りある時間を過ごせるのが、すごくうらやましいなあと。

 

かたや私のやってることといえば、日々のあれこれをうだうだ言って「あーわかるわー」って言い合う井戸端会議で。

 

わざわざリアルに会ってやることでもないよね?

っていうか、リアルに会うと言いにくい話もあるよね?

 

そう思うと「みんなで実際に会おうよ!」とも言いにくくて(何話すのか謎だし)、この活動を続けても、ガス抜き以上のモノにはならないなあ…という気持ちでした。

 

で、迷宮のなかでしばし考えていたのですが。

 

私は、私の発信内容を見て

「なんか好き」

と思ってくれる以上のよろこびはないのです。

 

興味のない人はどんどん通り過ぎてくれればいい。

人を集めようとも思わない。

冷静に考えたら、リーダーとか超苦手だし。

 

思えば、私は知らない人のブログを読み続けるということは、ほぼなくなりました。

(昔はありましたが)

 

今読み続けているブログは、何らかのかたちで接触のあった方々のものです。

 

だから、興味を持って出かけた場所で、「私」をもっと知ってもらうツールとして、ブログがあればいいなと思っています。

 

で、このテーマは一旦〆ます。

 

実験的にアメブロででも、新しい形でブログしよーかなーと思います。

また新しいのすんのかって感じですが。

 

今度やる予定のは、「お前がそれ発信すんの!?」っていう内容なので、心理的抵抗(ブロックってやつですか)バリバリで、続くかどうかも怪しいのですが。

 

ちょっと「ステキ」寄りな感じにしたいと思っています。

 

うわーー!!

「ステキ」じゃないのが身上だったのに!!!

 

というわけで、ここまで書いてるだけで心拍数上がってきたのですが、この身体反応は逆にやる価値アリってことだなと感じております。

 

それでは!