読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何のために」がうやむやになると、ブログはたちまち書けなくなる

アクセス命!だった時代を経てpv数が気にならなくなったのは、自分のブログには固定のお客さんがついている、と実感できたあたりからです。

どのように実感できたかというと、facebookに自分のブログをリンクしたら、感想コメントが結構寄せられたんですね。

 

「ブログ楽しみにしてます」とか「いつも読んでます」とか言われて。

 

すごーーーく、うれしかったです。

 

そのころには商売っ気0の、思ったつれづれを書いていくスタイルだったのですが、お金になんてならなくても、自分の書いたものに反応してもらえる、ブログを書かなかったら出会えなかった人たちと出会えた、そんなよろこびでいっぱいでした。

 

ですが。

 

当時の思ったままを短い文でさらさらと書いていくスタイルは、

これだったらブログにしなくても、facebookに書けばよくね?」

と気づいてしまったのです(笑)

 

facebookのほうがコメントつくし、たくさんの人に読んでもらってる手ごたえがあったし、楽しかったんですね。

 

それで、いったんブログやめまして。

 

facebookにだけ投稿する日々が続いたのですが、やっぱfacebookって気軽に読みたいのに、突然主義主張みたいなのをふっかけられたら、テンション下がるじゃないですか。(特に突然知らない人からの真面目な主義主張がフィードに現れると、もらい事故みたいな気分になります。私は。)

 

で、「この話は暗いな。」「この話は長くなるな。」と思うことを、このブログに書くことにしたんですね。

 

でもだんだん、

「わたしなんでブログでこんな暗い話を声高に叫んでんだ?」

て気分になってきて。

 

ブログ書いてる目的が分からなくなると、書けなくなりますよね。

 

私このブログだれに向かって書いているんだろう?

このブログなんのために書いているんだろう?

ブログじゃなくてチラシの裏でよくね?

 

…みたいに。

 

この記事も書きながら、自分はなぜこんなことをわざわざブログに書いているのか。

いや、自分はなんでブログを書いてきたのかっていう話につなげるつもりなのですけど、話の道筋はこれでよかったんかとか、ちょっと混乱してます。

 

本当に、ダレトクの見本みたいな記事ですみません。