読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が未経験からライターになれた理由。

おひさしブリーフ!

…ってさっきテレビでやってて懐かしすぎたので書きました。すみません。

 

実は最近webライターデビューをしましてですね、コツコツ記事を書いたりなぞしておりました。

そんな矢先DeNAのキュレーションサイト問題がでてきたりなんかして、ほんと先行き不透明感アリアリですけどね。

質の良い記事を求める代わりにライターに適切な報酬が払われる方向で業界が変わればいいですね。はい。

まあ、駆け出しもええとこの人間がどうこう言う話じゃないですね。はい…。

 

で、ライターデビューの話なんですけど。

 

前々から「ライター」っていう仕事があるのは知ってたんですが、どーやってなるのかは謎だったんですね。

クラウドソーシングのサイトに応募してうんにゃらとか、そういう方法があるのは知ってたんですが、ぶっちゃけ、報酬低いでしょ?

1文字0.5円?とか。それで将来につながるならいいけど、あんまりそんな気もしねーなとか。いや実際のところはわかんないんだけど。

でも世の中ライターで自活できる程度に稼いでいる人もいる、らしい。

どうせ書くなら、稼げるほうがいいじゃないですか!!

 

というわけで、「稼ぐための営業の仕方を教えます」というライター講座に行ってきたのです。(実際の講座のタイトルは違います)

 

で、レジュメにそって講座が行われたわけですが。

 

正直ね、基本的な営業の仕方を知りたいのなら、今どき本やネットでコト足りると思います。

じゃ、なんで大枚はたいて講座に行ったかというと、その講師の持ってるコミュニティに入りたかったからです。

これ前職で人事やってた経験から言えるんですが、「関係者からの紹介」って強いんですよ。仕事頼む側からしたら、最初は相手がどれほど信用できる人間なのかってのが一番心配なところなんですが、「関係者からの紹介」はずいぶんと信用がつく。

 

ちなみに、私がその講師のところへ行ったのも、「関係者の紹介」です。

直接「あの講座いいよー」と言われたわけではないのですが、(ネット上だけですが)知り合いの経営者さんがその講師の方と仲がいいのを知っていて、「あの人と仲良くしているのなら、胡散臭い人ではないのだろうな」という。

こうして信用は担保されるわけですよね。第三者大切。

 

それでまあ、講師の方のライターコミュニティに入れていただくことが出来まして(笑)

でももちろん、仕事を獲得するために講師の方にしてもらえるのはそこまで。

そこには「こんな仕事あります!」というお知らせもあるのですが、そのお知らせを見ている有能なライターさんたちもわんさかいるわけですよ。

 

かたや当方、「日本人ですから文字は読み書きできますが」というレベルの主婦なわけで。

日本の識字率何%だと思ってんだよ!

帰れ!!

っていう状態ですよ。

 

で、ほんと「帰ろうかな…(このfacebookページの世界から)」と弱気になっていたのですが、音楽家の派遣を行っている企業さんからの依頼案件があったんです。

 

派遣演奏についてや、ブライダル関係のお役立ち情報などを書いてくれる方募集…

しかも、あんまり単価高くない。

 

コレ私のための案件やわ!!

 

吹奏楽10年やってたから依頼演奏やったこと何度もあるし、結婚式挙げたから一応知識あるし。単価高くないってことは凄腕ライターはスルーするだろうし。

 

ていうか、コレであかんかったらライターとかいうのやめるわ!!

 

と荒い鼻息が先方に伝わったのか知りませんが、無事テストライティングに合格し、コツコツ記事を書く日々が始まったわけです。

めでたしめでたし。

 

で、未経験からライターになれた理由をまとめますと。

 

・ライターさんのコミュニティに入ることができた

・たまたま自分の得意分野に対するニーズがあった

 

というあたりでしょうか。

 

まあまだまだ内職ですけどねー。

0と1はぜんぜん違うっていうことで!

 

ぼちぼち、やっていきます。