「勘違い起業女子」だった恥ずかしい過去のハナシ

最近SNSで、「以前起業女子コミュニティにいたのですが、抜けて正解でした!」という投稿を目にしたので思い出したことです。

 

私も昔(2年くらい前?)起業女子コミュニティにいてですねー。

 

今のような「キラキラ」と冠のつくようなモノではなくて。

 

もっと、こう、「主婦でした」みたいなヒトがわんさかいてて、良くも悪くも

カネの臭いがしないっつうか。

 

お茶会もホテルのラウンジなんかじゃなくて、ふつーのカフェで。

むしろカフェなんかセレブな話で

Skypeお茶会ってのもあったんですよ!

 

みんな自宅でテキトーに飲み物入れてパソコンの前でスカイプ越しにダベるの。

 

で、なんで当時の起業女子はわざわざスカイプまで使って仲間?とダベるのかというとですね。

 

一か月で●●人と会いましょう。

という

起業塾宿題があるからでした。

 

で、その当時流行ってた起業塾の宿題には

「一か月でfacebookの友達を上限まで増やしましょう」

「一か月でアメブロの読者登録を上限まで増やしましょう」

「一か月で●●円売り上げましょう」といった具合に

他にもいろいろございまして。

 

そんで宿題を達成するたびにfacebook上に

「宿題達成しましたー!!」

「きゃーすごーい!私もがんばるーー!!!」

といった起業仲間同士のエール(笑)が繰り広げられていたのです。

 

で、当時の私は

なんかおかしくないかい?

と。

 

完全に内輪で盛り上がってるだけだし

お客さんに誠心誠意サービスを提供するというより

自分の目標達成の道具にしてる感じが丸出しだし

(ちょっとは隠しなさいよ恥ずかしい)

 

なにより

「起業」というルール無用のフィールドで

なぜ

ルールを異様に遵守する?

 

「宿題」というタスクを次々こなし、報連相もおこたりなく(facebookのフィード上で進捗状況を随時更新)ってアナタ…

 

むしろ会社員向いてそうですよ!

 

という感じだったのです。

 

なんというか、当時ただよっていた「指示されたタスクをこなせば起業が軌道に乗る」という空気がもうひとつハテナでした。

それじゃテスト勉強が得意な優等生じゃん。みたいな。

 

で、そこの起業セミナーで言われていたことが

「自分の存在を認知してもらい、人をまずは集めなさい。そうして集まった人がほしがっているものを売れば、売れます。以上!」

というものらしかったのです。(当時の私の解釈)

 

そこで私は思いました。

 

じゃあわざわざ起業塾行かなくても、自分で勝手に人集めて売ればいいじゃん。

 

みんな「塾に入ってセンセイの言うこと聞けば売れる」みたいな、優等生な行動してさ。

わかった。

 

ワタシが見本を見せてやる!

 

と、謎のパッションがあふれたのです。

 

そこからは、見よう見まねで人を集め商品をつくり、商品を売るためのブログを書き。

 

幸い、当時は今よりも起業関係の人の間でfacebook が盛り上がってて、「いいね!」がわりと簡単に100件くらいはもらえるような感じだったんですね。

だから自宅にいながらだろうが、集めようと思えば人も集められて。

「自分にできることで、人の興味をひくことで、お金をもらえる価値があることって何だろう…」とウンウン考えて商品つくって。

 

当時、私は起業女子の間ではちょっと変な立ち位置だったので、「なんかまた妙なことはじめたぞ」って関心もってくれる人もいてくれて。

 

で、

やった!お客さんになってくれる人もでてきてくれたぜ!!

ってなったところで、

 

なんか満足しちゃいました(笑)

※ちゃんと商品は全力で提供しました!!

 

結局ですね…。

 

周りとは違う角度で攻めてやったぜ!

 

っていうのが楽しかっただけなんですね。

 

「おもしろい!」ていわれるのが快感だっただけ。

 

完全に一芸大会と勘違いしておりました。

 

 

「なんだよ。起業女子とか言ってみんな金太郎飴みたいじゃないか!」

と実はフンガー言ってたのですが、当時の私に言ってやりたい。

 

 

起業するのに「奇をてらう」とか、いらんから。

 

私もたいがい「起業する」を勘違いしてたのでした。

 

 

でも楽しかったから、当時のことは後悔してないッス!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山根亮さんの個展に行ってきました★

あべのハルカスでの中村佑介展→ヲタロードを経て

たどり着いた心斎橋。

 

参考記事:

fujicoo.hatenablog.com

 

fujicoo.hatenablog.com

 

 

こちらで山根亮さんの個展が行われていました★

 

f:id:fujicoo:20170903174356j:plain

 

 

彼女のことを知ったのはSNSを通してです。

以来、その精緻な絵の世界に興味がありました。

 

f:id:fujicoo:20170903174915j:plain

 

 

今回、初個展が行われるという情報を目にし、

これは行かねば!

と思ったわけです。

 

 

しかし。

 

どーみてもアーティスティックでシャレオツな亮さん。

 

インスタとかを見る限りでもぶっとんだお友達が多い印象です。

 

私は押しも押されぬふつーの、いや、地味なおばちゃんなので…

めっちゃ行くの怖かったです。

 

場違いだったらどうしよう。

場違いだったら3秒で出てこよう。

そうしよう。

 

そんな感じで。

 

そんな感じで会場のドアを開けたら。

 

ご本人がいました。

 

あっやべっ。ご本人いるから3秒は失礼じゃん。

どうしよ、雰囲気壊さないように気配を消して白い壁と同化しておこう。

 

とかなんとか思わないうちに

 

亮さんが

「こんにちはー」(ニコッ)

とされたので

 

「こんにちはー」と、

普通に返せました。やった!

(内心胸キュンやったけどな!)

 

その場にいらしたさいとうともこさんはこの様子を見て

2人が以前からの知り合いだと思われたそう笑

 

 

こちらが会場の様子です。

 

f:id:fujicoo:20170903164742j:plain

ネット越しに拝見していたakiraワールドがここに…。

 

f:id:fujicoo:20170903164730j:plain

線画が有名だけど、亮さんの色彩感覚がすっごく好きです。

 

f:id:fujicoo:20170903164714j:plain

ちょっとアップでどうぞ。

 

f:id:fujicoo:20170903164702j:plain

和気あいあい。お子さまもいてました!

 

絵を実際に見て感じたのが、

穏やかさ、柔らかさです。

 

ネット越しに見ていたときは精緻さにばかり目が行ってたんですけど、

実際に見ると印象がずいぶん変わりました。

 

この前に見た中村佑介さんのイラストとは対照的に感じました。

どちらも細い線で描かれた精緻な絵なんですけど、

中村さんの線はシビア。

亮さんの線は穏やか。

そんな感じを受けました。

 

色合いもそうですよね。

ネット越しの印象では華やかさにばかり目が行ってたのですが

実際に見るとすごく上品です。

 

これもっとトーンあげちゃうと一気に下品になるんだろうなあ、と思いました。

 

 

で、結局それって

亮さんご自身を表してるんですよね!

 

繊細だけど包容力があって

華やかだけど品がある。

 

絵ってホント人格出るんやわーww

 

 

そんなことを思った個展でした!

 

 

もう個展は終了してしまったので、興味のある方は

亮さんのインスタをご覧ください^^

 

写真も好きですー。

 

 

 

オタクがダダ漏れの皆様へ。脱オタしたけりゃ○○直せ!

ごきげんよう、ふじこです。

今回はオタクの西の聖地、日本橋よりお届けします。

(もう家帰ってますけどw)

 

きのう用事があって日本橋~難波の道を歩いてたんですけどね。

 

いやあ…

オタクの皆様がてんこ盛りで。

 

f:id:fujicoo:20170903164753j:plain

全員がオタクの皆様ではないと思いますがざっくりと道の様子をば。

 

この写真ではもうひとつ伝わりにくいかもしれないので

道の盛況具合を改めて申し上げますと

 

広島の「フラワーフェスティバル」

くらいの混雑具合でしたね。

 

(よけいわかりにくい?とにかく「ちょっとした祭りくらい」って思っとけばいいんだよ!!)→逆ギレ

 

で、十代とおぼしき男子が結構いてたのですが(二人連れ率高し)

まあ垢抜けなくてですね…。

 

私がふだん出会う若者の男子といえば、

服屋のにーちゃんか美容師のにーちゃんくらいだったんで、

「最近の若い男子はタマゴ肌で小顔で

下手したらいい匂いがする」

くらいに思ってたんです。

 

ところがこのロードにいる若者は

クレーター率は高いわ

(思春期にナニカが正しく発散されなかったのだろうか)

顔も別に小さくないわ

(髪型をもう少し工夫したら小顔に見えるのではなかろうか)

下手したらケモノ臭がするわ…。

(しかるべきケアを怠っているのでは…)

 

メンズにも二極化が起こってるのかよ

 

と軽く驚愕しました。

 

で、ですね。

そんなことより一番驚愕したのは。

 

 

みんな姿勢が悪すぎる!!!

 

 

そろいもそろって猫背!

首が前に出ている!!

みんなPCのしすぎなのか!?

 

みなさん想像してください。

猫背で首が出ている人間が前から集団で歩いてくる状態を。

 

f:id:fujicoo:20170903170834p:plain

 

 

新手のモンスターかよ。

 

 

ああ…

貴方の背後に忍びよって

30cm定規を差し込みたい。

 

 

 

なんか世紀末

もしくは

新時代の幕開けを感じたオタクロードでございました。

 

 

今日の一言:

脱オタしたけりゃ姿勢を直せ!

 

 

(その後私も意識して姿勢を正したのは言うまでもありません。

みなさんPC・スマホの使い過ぎには気をつけましょう★)

 

 

中村佑介展に行ってきました!

先日、イラストレーターの中村佑介氏の展覧会、

中村佑介展」に行ってきました!

 

f:id:fujicoo:20170903142332j:plain

 

中村佑介」さんという名前は知らなくても、この絵柄を見たことがある方は多いのではないでしょうか。

 

アジアンカンフージェネレーションのCDジャケとか、「謎解きはディナーのあとで」の書籍カバーあたりが有名どころですね。

(ちなみに本屋がいっとき「中村佑介風」の絵柄の書籍カバーであふれてたことがありました。中村氏の作品でなかったものも結構ありましたよん)

 

一見描きやすそうなタッチの絵柄なのですが、

実際模写しようと思うと仕事が細かすぎて!

 

すっげーな、一度原画を見てみたい…。

 

と思ったのが数年前でしょうか。

 

でもイラストレーターさんの原画を観る機会なんてまあないので、

そんなこともすっかり忘れていたのでした。

 

イラストレーターさんの展覧会自体しょっちゅうあるものじゃないですしね。

あっても東京とか。

 

ところが。

大阪で今やってるって偶然知って!

マジかと。

で、いそいそとあべのハルカスまで行ってきた次第でございます。

 

f:id:fujicoo:20170903142341j:plain

ハルカスからみた風景ですー

 

で、ですね。

私はうれしかった!

 

何がうれしかったかというと

お客さんが多かったことに。

 

f:id:fujicoo:20170903142317j:plain

 

一般的に「イラスト展」ってマニアックだから

お客さんでにぎわってることってそうないんですよ。

 

なんかすごい狭い世界って感じ。関係者じゃねえのみんな、みたいな。

それがねえ、なんか悲しくて。

 

中村佑介氏といえば、今や日本有数の知名度を誇るイラストレーターだと思われるのですが、展覧会の期間が7/15~9/18と2ヶ月強あったんですよね。

だから混み具合どうなのかなあと思って。

 

これで人がまばらだったら、イラストというジャンルの訴求性自体が「たいしたこっちゃない」ことを意味しているのかもしれないな、と内心ドキドキしておりました。

ひとりのイラスト好きとして。

 

男女問わず幅広い年代の方が来場されてる様子を見て、「イラスト」の持つ可能性を感じることができたのが、とてもうれしかったです。

 

 

で、肝心の内容なのですが、

とにかくボリュームがすごかったです。

 

アートワークからコラボ作品から学生時代の作品まで。

原画もいっぱいあって、っていうかほぼほぼ原画で。

画家さんではなく、イラストレーターさんでこれだけ原画を見せてくれるのも

めずらしいのではないでしょうか。

 

f:id:fujicoo:20170903153128j:plain

すごく設定が細かい。服のレースの柄まで。

f:id:fujicoo:20170903153121j:plain

リスペクトがうかがえる作品たち。

 

 

で、感想なんですけど、

 

めっちゃストイックやな、と。

 

ストイックっていうのは、

「表現したいことをわかってもらうためには甘えない」

という意味で。

 

たとえば、色ナシの線画の状態で展示されてる作品もたくさんあったんですけど、中村氏は強弱もなく一定の線でイラストを描かれてます。

この状態って普通、非常にアラが見えやすいんですよね。

でも「この着色ナシの状態でも全然お金出して買います」て感じ。

そのくらい、この時点でイラストが完成しているんです。

(こんなこと書くのは逆に失礼にあたるのかもしれませんが…)

 

あえてこの「一定の細さの線」というスタイルなのが、すごいなあと。

着色にも線の使い分けにも甘えないってのが。

 

あと、中村氏のイラストの特徴として、

1枚のイラストに込められた情報量がめちゃくちゃ多いです。

 

f:id:fujicoo:20170903142250j:plain

f:id:fujicoo:20170903153139j:plain

 

 

こちらは、さだまさしさんの「天晴~オールタイム・ベスト~」の線画と完成ver.なのですが、ひとつひとつのアイテムに意味や工夫があって。

 

これだけの情報量を情熱を持って丁寧に盛り込むって…

 

もはや狂気じゃん。

 

と思った次第です。

 

そして人の狂気にふれるというのは、ときに感動するものです。

常人には決してたどり着けない境地。

これだけ妥協ナシにクライアントを理解しようとし、

わかってほしいことはハッキリと表現する力。

 

プロっていうのはやっぱりすごいなと。

 

 

ああ、こんな世界を見せてくれてありがとう。

 

 

そんなわけで開催日数も残りわずかですが、機会があればぜひ。

 

高校生以下は無料で入場できます!

私も高校生のうちに見てたら、進路変えたかもしれませんw

 

www.osaka-geidai.ac.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専業主婦になって収入がゼロになるということ。

「ああ、高いな…」

 

彼女がこの言葉を口にするのは何度目だろう。

そう思いながら私たちはウインドーショッピングをしていた。

 

彼女は元々こういう娘だっただろうか?

 

昔から浪費家ではなかった記憶はある。

でも、こんなにも呪いのように「お金がない」と言い

買い物をすれば真っ先に値札を見るような人間だっただろうか。

 

彼女が変わった理由は分かっている。

 

専業主婦になったからだ。

 

専業主婦というのは無収入だ。

お金を使えば、そのマイナス勘定を自分で埋めることができない。

家計から「お小遣い」というカタチでもらうことはできるけど、

その分家計がマイナスになるのだからどうも遠慮してしまう。

 

だからお金を使うことに対して罪悪感がでてくる。

特に自分のモノに対しては。

 

「だんなさんは『子どもが大きくなったら家計のために働いてほしい』って言うの。

でも子どもが大きくなったらもう40歳近くになるでしょう?

そこから仕事なんて、見つからないよねえ。」

 

「あなたなら大丈夫だよ!」

 

…と言えばよかったのかもしれない。今思えば。

 

でも気が利かないので、とっさに「そうだねえ」と言ってしまった。

 

「正社員は、難しいかもねえ。」

 

なんて気が利かない答え。

 

「だよねえ。」

といいながら値札を凝視するウインドーショッピングを続けて。

 

 

 

わかる。わかる。

 

私は専業主婦の時、コンビニで高いコーヒーも買えなかった。

もちろんコーヒー代くらいあるんだけど、マイナス勘定を埋める見込みがなかったから

お金が出ていくのがすごく怖かった。

 

 

しばらくして、いろいろご縁があって月に数千円の仕事がいただけるようになった。

すごくうれしかった。

 

収入がゼロじゃない!!

プールできるお金がある!!

 

罪悪感なくスタバでフラペチーノを買った。

隣のTSUTAYAで本も買った。

 

あのときの解放感は忘れない。

 

 

 

 

もちろん「専業主婦」といっても、いろんな夫婦、家庭があるのでひとくくりにはできません。

私の感じたこととは無縁の人もいると思うし、もっと言えば先の彼女も「お金がない」という表現は同じでも、根っこの問題は全く別のものかもしれません。

 

 

 

私が専業主婦になって感じたこと、それは「収入ゼロ」の怖さ。

金額が減る一方の通帳を見る恐怖。

収入「ゼロ」なんだからやりくりの仕様もない。

 

 

 

今、お仕事をいただけるようになって「収入ゼロ」ではなくなりました。

 

もちろん実際の「お金」も大きな安心ですが、

「自分はまだお金を稼ぐことができる」

という事実が、

 

実は一番の心の支えとなっているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よねだ珈琲に行ってきたYO!

いやー、みなさん梅雨ですね。

 

梅雨は全然関係ないんですけど、わたくしつい先日

「よねだ珈琲」なるものに足を運んできたのですよ。

 

簡単に言うと、“よねだひさえ”さんと茶をしばく会ですね。

簡単にいいすぎましたね。説明下手か。

 

“よねだひさえ”さんって何者やねんと言いますと、

ライターでありカメラマンであり保育園児のお嬢さんのママでもある方です。

絵も描かれるし、マルチですなあ。

 

f:id:fujicoo:20170620171107j:plain

 

一番左がよねださんでーす。

 

そんで何で私がノコノコ出かけたかといいますとですね、

「よねださんとだったら緊張せずに楽しく話せそうだなー♪」

と思ったから。

 

ブログとかの発信みてたら、育児に対してクソ真面目(笑)に悩むとことか

もんすごいシンパシーで。

 

ameblo.jp

 

育児の話はアメブロなんでそっちをご紹介。

 

あと、出身地が私のおばーちゃん家と同じ市だったのと、大学同じなんで勝手にシンパシー抱いてました。

 

 

総勢4名でのお茶会?になったのですが、あとの方はfacebook上でうっすら知ってる方がおひとり、まったくのはじめましての方がおひとり。

それでも、みなさんとてもお話ししやすい方だったので、いっぱいしゃべってしまいました^^

 

調子にのって最新の起業女子アナライズも披露しましたyo!←いらん

 

やっぱ、「類は友を呼ぶ」ですよね。

 

お話ししやすい方の周りには、お話ししやすい方が集まる!

 

 

 

 

そこで「よねだ珈琲」にて一緒だった方をご紹介。

 

ameblo.jp

 

かおりんさんはfacebook上でうっすら存在は知っていたのですが、実際お会いすると全然イメージがちがいました(笑)

なんか勝手に「めっちゃキャピキャピな人」←今どきキャピキャピとか言わんけどいい言葉が思いつかない。

と思ってたんですけどね、フレンドリーですごく穏やかな声の方でした。

美味しいもの情報が満載のブログは飯テロモノです!写真からして美味しそう。

 

 

 

ameblo.jp

 

お次はkanaeさんです。

上のお写真の右端の方なんですけどね、

美人なんですよ。

美人なんですけどね、

マイワールドが炸裂してるんですよ。

 

機会があれば一度お会いしてほしい方です…。

めっちゃ面白いので。

 

 

で、私といえば諸事情により顔加工をしてもらってる人です(笑)

 

この「よねだ珈琲」は毎回人気の催しなので、結構すぐに定員になっちゃうみたいです。

 

「よねだ珈琲」ってどんなんなん?と気になった方はこちらをどーぞ^^

【開催報告】よねだ珈琲を紅茶専門店(?)で開催しました(笑) - 「書く」「話す」「魅せる」3つの柱であなたが輝くきっかけ作り

 

 

 

 

 

理屈っぽいオンナは好きですか?

 前回からの続きです。

fujicoo.hatenablog.com

 

「16タイプ性格診断」という性格テストに

理屈っぽい風変わりな女性

と言われ、図星なばかりにうんざりして

もう一度テストをやり直してしまったふじこですこんにちは。

 

で、上に書いた通り図星ですよ図星。

 

でも、ネットで自分のタイプといわれるINTP型の人が集まるサイトやらブログやらをのぞいても、違和感バリバリなんです。

 

 

なんか理屈こねまくってて、読んでてむかつく…。

 

 

同族嫌悪ですかね(笑)

 

●●って××ですよね?

っていうテーマにたいして

「そもそも●●の定義はなに?」

ってぶっこんでくるような…。

 

 

私もやりますけど。

 

 

でも傍目に見たらもーめんどくさい。

めんどくさすぎてブラウザ閉じた。

 

そんで思った。

 

要は自分の理屈っぽい性格が嫌いなんだと。

 

理屈じゃ人の気持ちは動かないことを嫌というほど経験してきたから、

逆に「理屈が通ればみんな納得する(はず)」と考えている人に対して

そんなワケあるか。

といいたいと。

 

あなたは人生経験の少ない若人かと。

 

私自身は理屈で考えるんだけど、相手の反応見ながら感情を汲むように気をつけてるつもりです。(決してドヤ顔でいう話じゃないですよ)

 

だから2回目のテストのような結果になったんだと思う。

(もうちょっと情緒をおもんばかるタイプ)

 

でも、

そもそもの性質は非常に理屈くさい。

 

普段は意識的に感情を汲んでいるだけだから、

ストレス状態にあると

オレの理屈が火を噴くぜ!

(屁理屈含)

となってしまうんですね。

 

それがこの最近でした。

 

やっぱり理屈じゃだれも幸せにならないんですよ。

 

だけど、「わーすごーい」「かわいいー」みたいな

いかにも「オンナノコ」な感覚オンリーも、別の意味で生きづらそうですね。

 

「中身がない」みたいに言われそうで。

 

やはりバランスですね、バランス。

 

あるがままのじぶんを認めてもらうことばかりを夢想せずに、一番良いパフォーマンスができるよう、場に合わせた理性と感性のさじ加減をしていこーってことですね。

 

そんで、私の場合は場を選ばずに理屈攻めになってきたら、それがストレスのサイン。

さっさと休みましょう、ということなのでした。