読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気が進まなかったけどなぜか稼げる。これを人は天職とよぶのだろうか?

おはようございます。

個人事業主さんの事務サポートとライター業を細々としていたつもりだったのですが、

 

それとは違う仕事で、

確定申告をしないと怒られる感じになりました…。

 

その仕事とは、

校正・校閲

 

この仕事をはじめたのはほんとう偶然で。

 

ライターのお仕事を依頼してくれた会社の社長さんが

新規事業で校正校閲ができる人が必要だったんですね。

 

で、「ふじこさんできますか?」「あ、やります」

みたいな。

 

そもそも私これ昔やってた仕事なんですよ。

なんならライターより経験値はある。

 

でも、「校正の仕事をしてくれる人を募集します」ていう

メールをみたときに

 

自分から

「やります!私経験者です!」

ていう気にはなれなかったんですよね。

 

なぜなら。

 

校正校閲の仕事の怖さを

知っているから…。

 

校正校閲って「最後の砦」みたいなもんで。

 

ここでミスると、もうどーしよーもない。

 

誤植を見逃してしまったまま印刷してしまったため、クライアントさんに菓子折りもって謝りにいく営業さんの後ろ姿を、申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら見送ったことも数度…。

 

あの発行日の次の日の、重い足取りで出社する感じ。

(ミスがあると発行日の次の日に発覚することが多い)

 

あと、一番川下の作業なもんだから原稿がなかなかあがらないときは、「なるはやで!」と無茶ぶりをされることも多々。

(「なるはや」がたまるとキツイ)

 

そんなもんで、最初に新規事業のお知らせと募集職種を見たときは

「取材はチビがいるから無理だし…、まあ校正が自宅でできて便利かなあ」と思ったものの、いざやるとなると

 

過去を思い出してじゃっかん吐き気しました(笑)

 

 

で、その新規事業がやたら調子いいんですよ!

 

どんどこ校正依頼がきて、どんどこやってるうちに

あれ?月収6ケタ??

みたいな。

 

ライターとか事務サポやってるときは、お小遣いが稼げてラッキー!くらいだったのに。

 

 

あと、自分的には

 

校正校閲をやってる自分があんま好みじゃない

 

っていう謎の抵抗があった気もします。

 

なんかね、校正とかって

「理屈っぽい」「重箱のすみをつつく」みたいなイメージがあって。

 

あんまり「友達になりたくないタイプ」のような…?

 

人によってはそれを「知的」ととらえる人もいるだろうし、まあ様々なんはわかってるんだけど。

 

 

でも、仕事としては、超地味だけど楽しいです(笑)

 

昔この仕事やってたときに父親に仕事の話すると

「辛気くさっ!笑」

と言われた想い出もありますが。

 

(そういう父の仕事は小学校の先生。そらあんな体力勝負と比べられるとねえ。)

 

 

そんなこんなで、まだ原稿たまってるんで行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子育てについてネットの意見なんて、聞くんじゃないっ!

おはようございます。

 

悩みのタネだった長男4歳が最近落ち着き、

すごーーーく楽になった気がするふじこです。

 

f:id:fujicoo:20170525100228j:plain

 

相変わらずマイワールドは炸裂中なんですけどね。

おもちゃに名前つけて一緒にごはん食べたり。

 

(時計回りにくわがたのくわくん、かたつむりのみずきくん、

くまのぷーぷーくん。みずきくんって…。)

 

で、闇を少し抜けて正常なアタマで思うこと。

 

 

子育てについて、

ネットの意見なんて聞かんで

よかったなー。

 

 

 

こちとらはじめての育児で、すっごく不安だったんですよ。

 

癇癪はひどい

オムツはとれない

ともだちに興味があるようなのに

一人であそんでいる…

 

 

で、ネットで検索するじゃないですか。

【子ども 癇癪】とかで。

 

 

そしたらまあ、

「お母さんがガミガミと怒ってはだめです。

子どもにわかるように伝えましょう。」

とか説教されるわけですよ。ネットに。

 

それが出来たら苦労せんわ!

 

解決策を求めて本屋の育児本コーナーにも行きました。

でも、どの本読んでも「おお!」みたいなのなかったんですよね。

 

で、本当母親失格だからだれか代わりに育ててくれって思ってて

虐待のニュースを見るたびに明日は我が身かもしれんと思い

本当にしんどいときは旦那にも早く帰ってもらい

 

なんだかんだなんだかんだしてたら

 

嵐が止んでいました。

 

 

長男は年中さんになってから

「あしたはたのしいことがあるって先生が言ってたー」

と楽しそうに幼稚園に行くので

担任の先生も上手なんだろうな、と思っています。

(年少の先生も一生懸命やってくれましたよ。

たぶんうちの子のせいで主任の先生に何回か怒られてると思う。)

 

で、当時いっぱいいっぱいだった私に言えることって

 

何もないんですよ正直。

 

 

もう時が解決するとしか。

しかもそれも確かじゃないですしね。

 

ネットの記事は

子育てで悩みそうなことを取り上げて

それっぽい解決策やまとめをしてますが

 

その記事の存在理由ってなんだと思います?

 

 

クリックして記事にアクセスしてもらうこと自体が

存在理由じゃないですか?

 

 

アクセスしてもらって、広告収入を得るためじゃないですか?

もしくは、筆者の提供する商品を購入してもらうためじゃないですか?

 

そうじゃなくて、その人が心の底から伝えたい解決策のこともあるのかもしれませんが、キュレーションサイトなんかだったらもう完全広告収入狙いでしょう。

 

それが悪とか、そんなことはないのだけど、

要するに世の中のネット記事は

 

伝えたいことがあるから書くのではなく

読まれるネタがあるから書く

 

というパターンが非常に多いのですよね。

 

「読まれるネタがあるから書く」パターンの記事は魂がこもってないとかいう気もありませんが、書いてる本人も「この着地点微妙だな」と思いながら記事をアップすることって、多々あると思うのですよ。仕事だから書きあげなあかんしね。

 

だから、あなたが(わたしが)ショックを受けた記事は、そんないきさつで生まれたものなのかもしれないのですよ。

 

 

だったら、そこまで真に受けることもなかったなー、と。

 

今だから思うこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霊界とネット界は似てる(たぶん)

仕事でもネット、息抜きもネット、ネットの住人ふじこです。

 

って、冗談じゃなくて!

 

ネットを閉じても脳裏にネット界の残像が残ってるというか、

現実世界よりも光の刺激の強いネット界が身近に感じられるというか…。

 

YOU病院行きなよ★

 

って精神状態だったのですよ。

 

わたし霊感とかないんでわかんないんですけどね、

「向こうの世界にひっぱられる」とか

グラウンディングが出来てない」とか

そんな言葉を霊感強い系の人から聞いた気がして。

 

こういう感じなのかなと。

 

 

この前の話にも通じるんだけど、

私のブログは「準フィクション」です(笑) - ふじこのライフログ

ネット界って実態ないから、なんか人の存在がオバケくさくなる。

 

で、そんなオバケたちの世界のほうがリアルに感じてる今の自分。

 

ちょっとヤバイやつやーん!

 

で、「グラウンディングには神社に行くといい」とどこかで聞いた気がしたので、ネットオバケ界からの脱却にも効くかもしれんと思い、散歩がてら次男と出かけてきました。

 

ちなみにその神社は駅の近くにあって、全然緑とかうっそうとしてないし、「神社っていうか公園?」みたいなとこなんですけど。

なんか好きなんですよ。落ち着く。

 

で、ふと気づいたんです。

 

 

ネットの画面に向き合ってると、正面しか意識してなかったことに!

 

人間ふつーに生きてると、特に外にいるときには360度意識って向いてるんですよね。

でも、画面に向き合ってるときって、正面にしか意識いってない。偏りすぎ。

あー、ちょっと変になってたはずやわ。

 

そんなことに気づきながら。

 

ちょっとは人間界に戻ってきたかもしれないなーと思った次第です。

 

 

あと、ネットの光って人間をダメにする気がするんですけど、どうでしょう?

昔TVの画面でも同じことを言われてた気もするのですが、なんか離れられなくなるというか…。

同じ原理がパチンコにも言えるような。

 

私依存性が強い人間なので、パチンコは怖くていけないです。

タバコも手出すと辞めるのが大変そうなので、手を出さないと決めています。

 

周りの環境が堅い人ばかりでよかったです。

 

思考は頑固だけど、体質は流されやすいんですよね…。

 

 

 

 

 

 

 

私のブログは「準フィクション」です(笑)

 素性を隠してブログで自己主張する私ってずるい!?

と、誰に言われたわけでもないのに思い悩み、

 

現在素性チラ見せっていう

めちゃくちゃ中途半端な状態なのですが…

 

リアルなエピソードが

書けなくて不便!

 

そんで私気づきました。

 

ああ、私のブログって

「準フィクション」だったんだな

って。

 

 

芸術家肌の人というか

0→1ができる人は

小説という形で

「フィクション」が書ける。

 

 

批判や圧力なんかに負けないぜ!ていう

ジャーナリズムにあふれる人は

「ノンフィクション」が書ける。

 

で、私のブログは

微妙にリアルをぼかしつつ

基本事実なのでクリエイティビティもあまり要らない

 

いうなれば

 

「準フィクション」

 

だったのですね!

 

自分で書いてて気づかなかった。

 

 

 

で、話戻るんですけど

偽名やめて本名にしようと思った他の理由に

 

「ネットでの発信をやめた瞬間に

“ヤスカワフジコ”は死んでしまうんだ!コワイ!!」

 

と感じたという点があります。

 

人間の私は存在が目に見えますので、

自分から意識して発信なんてしなくても

生きていることは証明されてますけど

 

“ヤスカワフジコ”はネット上でつくりあげた

(別に特別にキャラ設定とかしてないけど)

いわばバーチャルキャラなので

 

発信やめる→存在してない→死んだ

 

ってことなんですよ。

 

なにちょっとコワイ!!

 

こんだけ(ネット上でだけど)いろんな人と交流して

仲良くなった気でいたけど

ほかの人は生身の人間同士なのに

 

俺だけオバケやないかい!!

 

永遠にまくらとか隠しつづけない限り

存在してるって証明にならへんのかい!

 

うーわ、いたずらするオバケの気持ちめっちゃわかったわ。

 

わかってもどうしようもないけどwww

 

 

 

ということで、素性チラ見せなうなんですが…。

 

やっぱ、おさまり悪くてですねえ。

模索中です。ほんと。

 

 

 

 

本名隠してブログを書くとリアルが書けるよね

こんにちは。ふじこです。

 

早速ですが、今回のテーマは

「本名を隠してブログ(その他SNS)で主張するメリット・デメリット」

でございます。

 

ちなみにこの「ふじこ」は偽名です。

もっと前は「ヤスカワフジコ」という偽名を使っていました。

 

まあ、ブログ書いてる人って大半が偽名なんじゃないですかね?

(偽名って人聞き悪かったらハンドルネーム?

ハンドルネームって言葉今でも使うんか??)

ブログ書いてる人の名前なんてどうでもいいですよね、普通。

 

と・こ・ろ・が。

 

私がブログを書きだしたきっかけは

「起業女子コミュニティに混ざるため」だったのですが、そこは

 

顔も本名も出しやがれ!!

 

な世界だったのですよ。

 

出せるもんはなんでも出せ、

自宅だろーが子どもの顔だろーが稼いだ札束だろーが(笑)

 

何でも出して人目を惹きやがれ!!

コンチクショーWW

 

 

…な世界。

 

自己開示するほどお客様との距離も近づくってもんだぜてやんでえって感じですかね。

 

で、私も最初は本名出して顔写真もだしてやってたんですが、

そのうち起業女子活動をする気がなくなりまして(笑)

 

あ、わたし顔も本名も出す意味なくね?

 

ということに気づいてひっこめたのです。

 

で、起業女子やめてなにやってたかというと

起業女子ウォッチャーになってまして。

※最近の起業女子の動向をチェックしてSNSで報告する謎の活動家

 

気づけば(超一部で)

ご意見番ポジションですよ。

 

で、ご意見番やってるうちに

「みんな顔も本名もだしてがんばってるのに

私だけすべてを隠して言いたいことだけ言っている…。

これはズルいのでは??

 

と、ちょっと自己嫌悪ぽくなったんです。

 

そっからfacebookの「ヤスカワフジコ」アカウントを消しました。

 

そんで本名のアカウントを使って、つながりがあった方たちに再度友達申請をしていきました。

 

これでちょっとはずるくないかなと(笑)

 

 

でもねー。

 

やっぱ本名は不便ですw

 

なにって

本名だすと個人が特定されるネタが書けない。

 

自分のことは自己責任だからいいけど、

周囲の人のことで迂闊な事書いたら、その人に迷惑かかるかもしれない。

でも物事の神髄?って、えてしてそーいう事のなかにあるんですよね。

そらもちろん○丁目の××さんが、とか書きませんよ。

でも、知ってる人が見たら「××さんのことでしょ?」てわかることってあるしね。

 

今までfacebookに「こんなブログかいたよー」ってリンク張って流してたんですけど、今のはふつーに身近な人もいるアカウントだから、あんまリアルなこと書いたら流せないし。

 

あ、長くなってきたので一回切ります。

 

 

 

 

 

わたしがママ起業家コミュニティに入れない理由

幼児2人を抱えた母親フリーランサー、ふじこです。

 

自己紹介するとそんな感じなのですが

 

わたしはどうしても、

「ママ起業コミュニティ」

足を踏み入れることができません!

 

別にアンチママ起業とかそーゆーんじゃないです。

 

と言いますのも、

私がこの働き方をしてるのって

ぶっちゃけた話、

 

子ども関係ないんですよね。

 

 

いや、関係ある、あるけど、

なんか

「ママ起業コミュニティ」のそれとは

ちょっとちがうというか…。

 

わかりにくいですね。

 

実際足を踏み入れたことがないのでわからないんですけどね、

「ママ起業」ってくくりになると

「ママだけど起業する」っていう

なんか

欲張り女子感★がただようっていうんでしょうか…。

 

※それがアカンわけじゃないです。

 

わたしがこの働き方におちついた理由は

ママ起業家さんによくある

「小さい子どもと一緒の時間を確保したかった」

ではないし、

「ママで会社員をしているといろいろきゅうくつ。

私はもっとできるはず!」みたいな有能系の発想でもなく。

 

ただただ、

「このまま何十年もこの仕事すんのか。

世間狭くなりそうやな。」

 

って思っただけ、

です。

 

で、子どもが産まれたときに

 

「この子がたとえば人より何かが苦手とかが原因で、

将来マジョリティから離れる結果になったときに、

わたしは受け止めることができるのか?

 

人並みになれないと生きていけないと

心配のあまり

この子の個性を認められないんじゃないか?」

 

「それは私がマジョリティの生活しか知らないからだ。」

 

と感じたんです。

 

それが10年近く続けた仕事を辞めた決定打だったかもしれないです。

 

そう思うに至った理由も、わたしが人並みを目指して

あっぷあっぷした人生だったからでしょうね。

そもそも人並みにこなせる人は

「人並みかどうか」なんて意識しないでしょうから。

 

で、マジョリティから離れる自分を

個性と認められるかどうかってのも

結局は自分の話なんですけどね。

子どもは関係あるようなないような。

 

だから、マジョリティから離れている人と出会って

「それでも生きていける」という確信が持てれば、

 

この

“人並みにならなければ死んでしまう病”

からも

解放されるのではなかろうかと。

 

で、冒頭のママ起業コミュニティ。

 

私からみたら「人並み(ママ)+α」な団体に見えるんですよね…。

だから怖いです(笑)

 

お前もママだろーが!って話ですが、

ほんと育児は特に毎日右往左往なんで…。

 

確固たる教育観を持ってる人と出会うと、

回れ右で逃げ出したくなります(泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自営業にスピ好きが多い理由?

おはようございます。ふじこです。

おひさしぶりでございます。

 

早速ですが本題です。

 

この前、自営業の方々とお話しをする機会があったんですけどね、

そのなかの一人の方が本業とは別で数秘術とかを勉強してるって話から

「自営業はスピ好きが多い」

って話題になりました。

 

「(自営にスピ好きが多いのは)なんででしょうね?」

ってことになって

 

「会社員だったらなんとなく流れで仕事ができる面があるけど、自営業は決断しないといけない場面が多くあるから、‘自分が生きる本来の目的’みたいなのに関心が向くのかもしれないですね~」

っていう意見がでました。

 

私も、「確かにそうかもしれないな」て思いました。

別の場所で他の自営業の方も同じようなこと言ってましたしね。

 

そして、私が自営業の人とお話ししていて面白く感じるのは、そのへんの話を聞けるからってのが大きいです。

 

‘これが私の使命!!’

みたいな暑苦しいのじゃなくていいんですが(笑)、

‘自分はコレがいいと思うからしている’ってのを聞くの、楽しいんですよ。

 

逆に

「え、そんなん考えたことない…。

結婚して昇進してマイホーム買って、子どもがいい子で育てば、万事オッケーじゃない?」

みたいなノリで返されると、

 

え?ああ、ごめん…

 

て感じになってしまいます。

(いやそれがほんとうに自分の幸せなら全然ステキだけど)

 

まあだからって、自営業カコイイ!てのも早計ですけどね。

 

 

それにしてもスピ系の講座とかってなんであんなに高いんでしょうね。

本気で勉強したら家一軒くらい買えそうな金額じゃないですか?

それとも素質がある人はすぐ伸びるのかしら??

 

私全然視えないし感じないんで、わかんないんですけど。

 

 

勝手に使えるお金が1千万円くらいあったら、

がっつり勉強してみたいなーと思ってます(笑)

(家の頭金にしろよ)