スマホ依存脱却をめざします。

最近体調が悪いんです。

 

頭が痛いとか肩がこるとかではなくて、

 

日中眠い。

いらいらする。

ふと不安になる。

 

なんかもやーっとした感じで、日常生活は送れるのですが、なんかすっきりしないのです。

 

なんかやばいなーと思って思い当たるフシを見直したところ、

ネット(スマホ)依存じゃないかな?

という結論に至りました。

 

思えば退職して専業主婦になってから、起業女子にはまってアメブロを徘徊したのが入口だった。

そっからfacebookバブル。アンド出産からの新生児育児。

コマ切れ時間をいやすのにスマホほど最適なパートナーはいなくて、育児のことでも不安があれば、検索、検索、検索。(で、だいたいさらに不安になる)

 

だんなもしょっちゅう海外出張。孤独。子どもは日本語通じない。言葉でコミュニケーションがとりたい。んでSNSにはまる。発信内容がどのように受け取られるかがめちゃくちゃ気になって、何度も通知を見てしまう。

 

スマホの明るい画面こそがリアルで、ナチュラルな色合いの現実世界が夢みたいだった。

 

仕事柄ネットを完全に断ち切ることは不可能で、でも仕事に使う時は楽しくないから簡単にやめられるんだけど、なんとなくずっとスマホは手元にある。

 

もともと活字中毒で何も見ずにご飯を食べることができない。(人と食べるときはやめられます)

昔から新聞や本を見ながら食べていたので、食事中のスマホもなかなかやめられない。

 

なんか書き連ねていくと、自覚してたより重症だな。

 

幸い、今はfacebookも過疎化してるし、ヲチをしてた掲示板もすたれてる。

このままスマホから離れられれば…

 

と、思ったのに。

 

 

twitterに手を出したんだよおおお!!!

 

AHOなのか俺は!!

 

 

でもあれですね、Twitterfacebookほど中毒性ないですよね。

中毒性の順でいえばインスタ→ツイッターフェイスブック。私の場合ですが。

 

インスタなんて一瞬で見終わるから逆に物足りないくらい…。もっといろいろフォローすればよいのかもだけど。

とか言いつつ、フェイスブックアルゴリズムが変わってから駐在時間短くなりました。

 

なにが言いたいかっていうと、産後ってスマホ依存になるのに絶好の機会だよね!ってことと、スマホ依存ってどうやったら治るのだろうてことです笑

 

 

最近のつれづれ1 人間やればできるらしいという本の紹介

おはようございます。暑い日々がつづきますね。

 

私最近、本を読んで学んだことがありまして。

 

なんと人間は

練習すれば上達する

らしいですよ!!

 

…。

 

 

何を当然のことを言ってんだと思ったでしょうか。

そう思ったあなたはきっと人生うまくいきます。

 

でも私は

練習しても上達なんてたいしてしない!

人間は生まれ持ったセンスがすべて!!

 

と思っていたのですよー!

 

 

で、それが自分の中の常識すぎて気づいてもいなかった笑

 

 

ちなみに読んだのはこちらの本です。

 

マインドセット「やればできる! 」の研究

マインドセット「やればできる! 」の研究

 

 

ビルゲイツも絶賛らしいですよ!知らんけど。

 

 

本の内容をおおざっぱに言うと、人間は「人の能力は固定的で変わらないと信じている=硬直マインドセットの持ち主と「人の能力は努力次第で伸ばすことができると信じている=しなやかマインドセットの持ち主に分かれるらしいです。

 

で、その結果、しなやかマインドセットの持ち主は豊かな人生を送ることができるのに対し、硬直マインドセットの持ち主は一度物事がうまくいかないと残念な人生になってしまう…という例が、勉強をはじめスポーツやビジネス、対人関係といった分野で挙げられています。

 

マインドセットによる対比をあげている場面が長いので、たぶん退屈な人には退屈な本だと思うのですが、私みたいに硬直マインドセット(努力してもセンスのあるやつにはかなわないんだよ!)がへばりついてる人は、一読してみることをおすすめします。

 

で、「やればできる!」の信念が自然に備わっている方も、さらっと読んでみれば「なぜあの人はあんなに卑屈なのだろう…」の謎が解けると思います。

 

あの人が卑屈なのは、おそらく硬直マインドセットのためです。

 

 

ちなみになんでこの本を買おうかと思ったかというと、「望ましい子どもへの声かけ」が紹介されていたからです。最近子どもが「できないからやりたくない」ということが増えてきて、これはまずいと感じていました。

 

本によると、その子の特性によるスピードや完璧さなどの結果をほめるのはよろしくないそうですよ!

 

すばやく完璧にできないことには挑戦しない子になるそうです。

 

この親の声かけが原因で挑戦しない子になるかどうかは怪しいとも思いますが、一理あるなとも思います。結果が芳しくないものに努力する気がなくなるんですよね。あと結果は目につきやすいから、最初からうまくいくことは親がほめなくても周囲が評価してくれるし。

 

 

 

そんなこんなで、私が卑屈人間に成長した謎が解けた気がして、非常に有意義な読書でありました笑

 

視覚型人間は理科の実験と調理実習が苦手?

こんにちは。

すっごい唐突な話なんですけど

自分馬鹿だなー

って思ったことないでしょうか。

 

なにか失敗したとかではなく、なんというのでしょう。

シンプルに理解が遅いというやつです。

 

経験がない方はおめでとうございます。

 

で。

 

私はどうしても「人の説明を受けて行動する」ということが苦手で、理科の実験とか調理実習ではよくトンチンカンな行動をしていたのです。

あー、あと体育も。

 

で、子どものころは「同じ説明を聞いても一人だけ理解できないなんて、わたしは真性のバカなのかな?」と人知れず悩んでいたのですが、

 

人間には「認知特性」というものがあるんですね!

 

人によって認知方法の得意不得意があるらしい!なるほど!

 

というわけで、こちらで診断してみました。

 

micri.jp

 

 

診断の結果がこちらです。じゃん。

 

f:id:fujicoo:20180806181224p:plain

<視覚型>

カメラタイプ・・・27

写真のような静止画像で記憶するタイプ

3Dタイプ・・・20

映像(立体)として記憶するタイプ

ファンタジータイプ(言語映像型)・・・28

言葉を映像化して考えるタイプ

辞書タイプ(言語抽象型)・・・28

文字や図式で理解するタイプ

 

<聴覚型>
ラジオタイプ(聴覚言語型)・・・21

文字や文章を耳から情報処理するタイプ
サウンドタイプ(聴覚音型)・・・14

音色、音階を覚えるのが得意なタイプ

 

14以下は弱い認知特性、15~45が一般レベル、46以上あると強い認知特性のようです。

 

結果を見てみると、もっとナニカが突出しているかと思いきや、案外バランスよく分散されている様子。(つまらん)

私が苦手と感じていた「耳からの情報処理」は21ということで、意外と普通のレベルですね。

 

それよりも

サウンドタイプ低っ!

 

 

中高大と吹奏楽やってたはずなのですが…。

 

実は人より苦労して音楽してたんですね。きっとw

 

 

 

 

【甘口注意】SNSやゴシップ記事がやめられないのは「ヒマなのだ!」以外の見解と解決法♡

どうも。

SNSや有名人のゴシップ、他人のアレコレを

だらだら見てしまう主婦ふじこです。

 

さらっと書いていますが、書いてて心が痛いです。

カスすぎて…。

 

ところで、

SNSや有名人のゴシップ、他人のアレコレを

だらだら見るのをやめられないのは

 

あなたがヒマだからです!!

 

という主張を聞いたことはないでしょうか。

 

私はあります。

そんでそれは真実なのでしょう。

 

振り返っても、おもくそ忙しいときはそんなもんチェックしてないですから。

 

でも「ヒマ」とかウエメセで言われるの

ムカツキません?笑

 

ムカつかせて発奮させようとしてるのかもしれないけど、「ヒマ扱いされるのがムカつくから忙しくがんばる」というもんでもないでしょーがと。

 

「あなたの生活が充実してないからです!」

とかも聞くけど、

「知ってるよ!アンタは充実しててよかったね!!」

くらいしか思えない。

 

 

だからもうちょっと優しく考えてみることにしました。

 

 

 

バカにしないから教えてごらん?

きみはどうしてどうでもいい他人のことを知ろうとするのかい・・・?

 

 

f:id:fujicoo:20180706171015p:plain

 

 

くらいのノリで。

 

 

 

で、

わかりました!

 

 

正解は

自発的に何かをする

エネルギーがない!

 

 

具体的にいうと

検索ひとつでも仕事とかで目的があって自発的に調べるときは、私の場合は1時間もしたらぐったりです。でもSNSとかはよゆーでだらだら見れる。

受動的だから。

 

そんで、この歳にもなるとお金やら健康やらの不安や不満もでてくるんだけど、そこに向き合うのはつらいので、

知らない人の情報を知ることでごまかしとく。

 

 

そこでメンタルがメタルな人は

 

目をそさずに自分に向き合えよ!

 

となるのでしょうが

 

私を含むメンタルがバブルな人は

その言葉に踊らされてはいけないのです!

f:id:fujicoo:20180706170152p:plain

病むよ!!!

 

 

 

で、じゃあどないすんねんというと

「ああ、私今エネルギー下がってるな…」と

自覚だけしとく。

 

ポイントは

エネルギーが下がっている

というだけで

自分=エネルギーが低い人間ではないとしておくことです。

 

大前提として

たぶんメンタルがメタルの人は

自分=エネルギーが低い

なんて

疑ったこともないのだと思います。

 

対してメンタルがバブルの人は

自分ってエネルギーの弱い人間ですし…うじうじ

とか

やっちゃうタイプなのではないでしょうか。

(エネルギーて言い方がスピくさいなら

意志が弱いとか気が弱い、とかね)

 

だからまずは

体力的、精神的に疲れているならゆっくり休む。

 

惰性で情報を受け取り続けているなら

散歩にでも出かける。

掃除をする。

といった、

自発的な行動を少ししてみるとよいかもしれません。

 

 

以上です!

フリーランスになった理由は子どものため。時間とかチンケな話ではない。

子どもの幼稚園のクラスの保護者に、会社の元同僚だった人がいます。

 

顔を合わせるついでに会社の様子を聞くことも多く、そのたびに考えることもあります。

 

私と同じ部署だった同い年のあの子は、主任に昇格したらしい。

そして親会社に転籍したらしい。

私がいた部署には、「合わないな」と思っていた上司が異動してきたらしい。

お世話になった上司は、別の部署に異動したらしい。

 

「私も仕事を続けていたら多少は役職がついたのかな」とか、「待遇のいい大企業に引き抜かれたのかな」とか、「はたまた、合わない上司にうんざりして、ストレスをためていたのかな」とか、「子どもがいて時短で働く私は、同じ部署のあの子に迷惑をかけていたのかな」(「あの子」は独身です)とか。

 

「たられば」のルートが、何本も並走するのです。

 

 

「たられば」をいくつ仮定しても、まあそれはただの仮定で、現実の私はというと、文章を書いたり、最近ではイラストを描いたりマンガを描いたりしているのですけどね。

 

空想よりも現実の方が、わりとふざけた事態だと思います。

 

 

自分から「ふざけた方」を選んだ理由は、恩着せがましくいえば「子どものため」なのだけど、それは子どもと過ごす時間がどうちゃらとか、そういう話ではないのです。

 

 

私の経歴をあげれば、自分の学力に見合う高校に進学して、部活を一応がんばって、親や先生が納得してくれそうなラインの大学に現役で合格して、部活を一応がんばって、就職難だったから就職にはそこそこ苦労したけど、それでも大手新聞社の系列会社にひっかかってそこそこの環境で10年近く働かせてもらって、学生時代から付き合っていた人とこれといった障害もなく結婚して…

 

ひとことでいえば、普通な人生なのです。

 

で、子どもが生まれたとき、私は「普通」な自分にすごく危機感を持ったのです。

 

 

「この子が“普通”におさまらなかった場合、私はその事実を受け止められるだろうか?」

と。

 

“普通”は選択した意識をしなくて済むから、弱いのです。

 

たとえば、今でも少数派である、“結婚しない”という選択をした場合は、周りからもいろいろ言われると思うので、選択した理由を考える機会があると思います。

 

でも“結婚する”という選択をした場合には、“なんで?”と世間にいぶかしげに聞かれることはないので、わざわざ選択の理由を考える機会はあまりないでしょう。

 

高校に進学した。大学に進学した。会社で働いた。結婚した。子どもを産んだ。

 

全部“普通”です。特につっこまれる点もない。

 

でも、「ああ、なんか私“普通”だな」と思う自分もいた。

 

で、「なんで私は“普通”なのかな」と考えたときに、

 

“普通”から外れるのが怖い

 

という本音に気づいたのです。

 

 

そのときに

「あ、これはやばいぞ」

と思いました。

 

 

 

自分が怖いのはまあいい。

 

けど、子どもが“普通”から外れたら?

 

きっと、恐怖から全力でレールに引き戻すと思う。

 

「自分が怖いから」子どもには普通でいてほしいなんて、

それ、

母親としてかっこ悪いじゃんね?

 

 

 

会社員をやめると決めたとき、ものすごく気持ちの悪い日々を送りました。

 

10年近くも働いた愛着のある職場。

上司との信頼関係も築けていたし、家族も協力的だった。

「お金が足りない」といって、後悔しないだろうか。

「社会から取り残された」と感じて、後悔しないだろうか。

 

それでも、「正解」であるだろうレールを降りる決断をしました。

 

 

今の日本の会社は、時間を捧げられることを前提に動いている

体力に自信のない私には、家庭がありながら会社で働き続けることに向いているとは思えない

会社員以外の働き方があるのなら、経験してみたい

 

などの思いがあったからです。

 

 

思いがあるのに、「怖いから動かない」というのはどうなんだろう?

そんなことをしていると、身の回りの人に対しても「怖いから動くな」と強要してしまうんじゃないだろうか?

 

私はガマンしているのに。

あなたは私を不安にさせるのか。

 

そう責めるんじゃないだろうかと、怖くなりました。

 

 

 

そういうわけで、正社員のレールを降りた理由は「子どものことを考えると~」とか言っておりますが、

 

「あ~、子どもとの時間ほしいよね~わかる~」

 

って感じになると

 

 

ちょっとチガウ(;'∀')

 

と思ってしまう今日このごろでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイキックになりたい。

こんばんはこんばんは。

ブログを書くときはたいていくさってるときです。

 

 

というのもですね。

 

ライターとして致命的なんであんまり言うの憚れるんですけど、

 

私、人の言うこと

たいていわかってないんですよww

 

この言葉じゃわかりにくいですね。

 

私は

 

人が伝えようとしていることを

たいてい誤解して受け取っていますwww

 

 

まじ

ライターとして致命的すぎるww

人の意図をくんでナンボの商売なのに…

 

 

「つまり〇〇ってことですよね?」

「ちがいます」

ていうやりとりをこの一週間で何度したか。

 

あと幼稚園からのおたよりを何回も読んだはずなのに

何についてのおたよりかを完全に勘違いしてたっていうコトも。

 

 

 

で、あーあ…てなってるところで

 

私しゃべらなくてもその人のことがわかるんです的な

いわゆるなんですか

サイキック的な人の投稿とかが目についてさ。

 

あーもー

 

「わかるんです」って

私も言ってみたいよ!!!

 

 

どーせ私は

口で言われても紙に書かれても

話の内容も相手の心情も

わかりませんよ!!

 

 

もう世界が信じられない。

なぜなら自分の意識が信じられないから。

 

 

というわけで、

 

ほぼ誤解の中で生きてるというカミングアウトでした…

 

 

書いてすっきりした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

SNS起業にフリーランス。で、何がしたかったんだ私!?5

そうそう!途中で終わってたこのシリーズ。

「次の仕事のステップに進むのが怖くて抜け道を探しました」

ってところで切れてました!!

 

これで終わってたら、信用なくして仕事こないですね笑

 

仕事関係の方もこちらを見てくださってるようなのに…。

 

というわけで。

 

 

 

これがライターになる道筋や!みたいなのは、なんとなくわかったけど、もうちょっと一味違うことをしてみたいなあ。

 

と思い至りまして、

個人起業家さん相手にコンサルをしていらっしゃる

方に相談してみました。

 

 

 

で、今までの経緯を説明して、ライターとして個人様相手でできそうな仕事をご提案してもらったのですが、「めっちゃ頑張ればできそうやけど、うーん…」で感じで(すみません)。

 

そこで現在の個人でお仕事されてる方の傾向を聞いたところ、紙媒体に需要が出ていると。

 

それでおそるおそる聞いてみました。

 

「あのう…、デザインとか、需要ありますかね?」

コンサルさん「需要あります!できますか??」

 

「ソフトは家にあります程度なんですが…」

コンサルさん「そういえばイラスト描いてましたよね?

紹介マンガは売れると思います!どーですか!?」

 

「そうですねえ…」

 

 

しまった。

振り出しに戻っている。

 

マス目に「自信がない」と書いてある。

 

 

だって漫画なんて小学生の時以来かいてないし!もちろん投稿とか同人誌活動とかも無縁だったし!デザインもオシャレなの作れないし、作業遅いし実際に作品として使用したことないし!!

 

出る出る出る出る

できない理由。

 

と、同時に

やるしかないんだと。

 

どれ選んでも怖い。

それならどれでもやろう。

 

というわけで、取材もマンガもデザインも、なんでもやります。

 

 

すみません、あとコレなめとんのかって思われても仕方ない話なんですが、マンガやデザインの

「サンプル」をつくる(=自分でお題をつくる)のがめちゃくちゃ苦手なんです!!

 

ちょっとそこをどうにかしたいのが、今の課題です!